”データコンバージョン”とは、光ファイリングシステム、マイクロフィルム、書類・図面等を、パソコンで利用できるようにデジタル化し、CD-ROM等のメディアに保存する「データ変換サービス」です。情報をデジタル化することで、「機種を問わずデータ閲覧ができる」、「データベース化による情報の共有・スピィーディな検索ができる」、「保管場所をとらない」等、さまざまなメリットが生まれます。”データコンバージョン”は、 飛躍的な事務処理の効率化と将来に備えての情報保管システムをサポートします。

例えばこんなことでお困りではないですか?データコンバージョンで解決できます

データコンバージョン前

・データを見ることが出来るのは、専用機に限られる為、効率が悪い。イメージ形式が機種ごとに違うため、互換性がない。
・機種によってメンテナンス期間が終了しているため、将来もデータを利用できるかどうか不安。

データコンバージョン前

・パソコンでの標準形式(TIFF形式)に変換してあるので、データ配布が簡単に行えます。またネットワーク化することでデータの共有ができ、効率がアップします。
・変換したデータ(TIFF形式)は、イメージデータの標準形式ですので、将来、データが見られなくなる心配がありません。

データコンバージョン前

・大量のファイルの中から目的の書類を探さなくてはならないため、とても時間がかかる。
・大量の書類ファイルを保管するには、広いスペースが必要。増え続けるので保管場所に困っている。

データコンバージョン前

・図面・書類をデータベース化することで、パソコンで素早く検索でき、探す時間が大幅に短縮されます。
・データを紙からCD-ROMに保存することで、保管スペースを大幅に減らすことができます。

データコンバージョン前

・古いものは劣化が心配。将来、大切なデータを見られなくなった不安。
・フィルム状のため、必要な部分をダイレクトに見つけられず、探すのに手間がかかる

データコンバージョン前

・データはデジタル化して保存しますので、劣化の心配はありません。将来も閲覧が可能です。
・パソコン環境なら、書類名を入力すれば、目的の書類がスピーディに検索でき、見つけることができます。

データコンバージョンは次の分野で威力を発揮するデジタルサービスです。どうぞご相談ください

製造業 [技術・生産・管理部]
図面・特許・技術情報・作業指示書・マニュアル・顧客情報 等
[営業・総務部]
顧客情報・見積書・提案書・議事録・連絡書・稟議書・発注書 等
建築・土木
不動産関係
物件情報・契約書・図面・完成図書・顧客情報・技術情報・作業指示書・マニュアル 等
官公庁
政府自治体
申請書・各種台帳・図面・調査書・例規集 等
研究所 資料・文献・雑誌・レポート・写真・スライド 等

コンバージョン可能な形式、出力データ形式、ご提供媒体

コンバージョン可能な形式
光ファイリングシステム 東芝 TOSFILE
日立 HITFILE
リコー RIFILE
NEC NEFILE
富士通 EFS
松下電送 Panafile,PanaCabi
富士フィルム FUJIX D-File,OD-9500
UNIX UNIX TIFFファイル
マイクロフィルム 16mmロールフィルム A3~B5
35mmロールフィルム A3~B5
フィッシュフィルム A3~B5
16mmジャケット A3~B5
6コマジャケット A3~B5
アパーチュアカード A3~B5
紙原稿 モノクロ A0~B5
カラー A0~B5

※各形式には制限事項のある場合もございますので、詳細についてはそれぞれお問い合わせください。

出力データ形式

TIFF(G4), PDF, XML, HTML

ご提供媒体

CD-R, MO, DVD-RAM, DVD-R

お気軽にお問い合わせください。03-5566-4649受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら